会計士は独立したら何をするのか

会計士が独立し、会計事務所を開業した場合に、彼らは普段どのような仕事をしているのでしょうか。

弁護士や税理士ほど、独立した会計士の業務はイメージがしづらいと思うので、私の知っている、経験してきた業務内容をまとめてみたいと思います。

(茨城県の駅から見える太平洋)

会計士は独立して何をしているのか

独立して会計事務所を開業している会計士が行っている業務は、主に以下の3つです。

  • コンサル業務
  • 税務
  • 監査

コンサルティング業務

会計や財務に特化したコンサルティングをやっている会計士は多いです。

  • 内部統制の構築(会社内部の業務を体系化し、文書化する業務)
  • 内部監査の整備、レビュー(会社内部のモニタリング体制の整備)
  • 事業再生(財務調査の実施や事業計画書の作成)
  • 上場支援(上場のための各種説明資料、Ⅰの部作成)
  • 財産評価(株価算定、不動産評価)

コンサルティングと一口に言っても下記のようにいろいろな種類の業務があり、会計事務所の個性が一番出る部分かもしれません。

税務(税理士登録をする)

税理士登録をして税務申告の業務をしている会計士も多くいます。

税務申告の代行は税理士の資格を持っていないとできないので、税理士登録を行い、税理士として仕事をします。

今の法律では会計士の資格があれば税理士には無試験で登録ができるので、会費さえ払えばすぐに登録できます。

とはいえ、会計士は税務の専門家ではないので、監査法人でしか実務経験のない会計士は税務に詳しくない人もチラホラいます。
(税法の概要は知っていても実務レベルでは知らない人が多いです。)

なので、監査法人で監査だけをやってきた会計士は、いきなり独立せずに別の会計事務所や税理士法人で実務を経験してから独立する人もいます。

■関連記事

会計士が独立するとき、会計事務所で修行したほうがいいのか

監査(監査法人で非常勤として働く)

監査法人に非常勤として在籍し、監査の手伝いをします。

監査の中でも企業の決算書の監査をする財務諸表監査は会計士にしかできない独占業務なので、監査ができる人材は限られており、監査法人は監査のできる担い手が慢性的に不足しています。

そのため、監査法人を辞めて独立しても、引き続き監査法人で非常勤として監査に駆り出されることが多くあります。

前職で勤めていた監査法人にそのまま在籍するパターンもあれば、別の監査法人で非常勤として働くパターンがあります。

特に3月決算の監査が始まる3月~5月の時期は、独立している会計士にとっては最繁忙期で、独立すると時間に自由になるかと思いきや、この時期だけは夜遅くまで働くことを余儀なくされている会計士が多くいます。

監査と似た業務で「合意された手続(AUP)」という監査より少しゆるい調査業務があり、小規模な会計事務所であればこのAUPに基づいた財務調査を多く行っているところもあります。

会計士の業務は意外に幅広い

もちろん会計士とは別に、社労士や行政書士の資格を取り、法務関連の仕事をしている会計士もいますが、多くの会計士が上記のような仕事をメインとしています。

業務の割合としては、1月から3月までは税務の確定申告がメインになり、3月から5月末ぐらいまでに監査の仕事があり、それ以外にコンサルティング業務を断続的にやっているようなイメージでしょう。

会計士の業務は意外に幅広く、会計や財務周りのことであれば基本的に何でもやります。

私は主に内部統制の構築やAUPに基づく財務調査、税務でいうと法人税や所得税の申告といった仕事をメインにやっていますが、会計事務所がいろいろな業務をやっているとはいえ、得意・不得意はあるので、何が得意な会計士なのかは知っておく必要があるでしょう。


【編集後記】

3/20(水)は期中往査で関東郊外へ。もうだいぶ暖かくなってきたので花見でもやりたいなと思います。