一人で開業していることはメリットにもなる。

開業以来、私一人で税理士業、会計士業を行なっています。

人に会うと、多くの人から「いずれは人を雇えるといいですね」、「アシスタントを雇えるようになるまで頑張りましょう」と言われることもありますが、基本的にこれからも人を雇うことは考えていません。

一人で続けていくことのメリットについて、述べていきたいと思います。


レインボーブリッジ(クルーズ船上より)

人を雇うことは考えていない

独立してからのキャリアとして、「最初は小さく一人で開業し、その後事業が軌道に乗ったらアシスタントや税理士受験生などを雇って事務所を拡大する」というキャリアモデルがあります。

規模を拡大した方が収入も増え、雑務なども従業員の方がやってくれるため、本業に集中できるということもあるでしょう。

しかし、今のところ人を雇うということは考えていません。

人を雇って規模を拡大しようとすると、以下のようなデメリットがあると思います。

・人件費や事務所の賃料などの固定費がかさみ、利益が出ない
・給料を払うために、本意ではない仕事も取る必要がある
・従業員が働いているときにプライベートで遊んだりすることに罪悪感を感じる

上記のように感じるかどうかは人それぞれだと思いますが、無理して規模を拡大しようとすると、仕事に追われ、結局独立前と状況が変わらなくなってしまうように思います。

一人でやっていくことのデメリット

とはいえ、一人で事業をしていくことにはデメリットもあります。

特に痛感しているのは、経費処理や事務用品の発注といった事務作業です。

私自身は、独立前から家計簿をつけていたこともあり、経費処理などはあまり苦にならないかと思っていましたが、これが意外に大変。

家計簿のようにざっくりとつけるわけにはいかないので、「時間のあるときにまとめてやろう」と思うと、どんどん領収書が溜まってしまい、だんだんと億劫になっていきます。

こんなとき、誰か経費処理をしてくれる人がいればいいなあ…と思うことがあります。

名刺やプリンタのインクなどの事務用品も、必要なときに限ってほとんどストックがないことがあるので、一人だと面倒くさくなることがあります。

それでもやっぱり、一人で続けていく

人を雇うということは、公共的な役割も大きいでしょう。

雇用を生み出し、給料を支払うことで従業員の所得を増やし、納税をもたらすことで地域に還元する、ということは、事業を経営する者の役割の一つといえるでしょう。
そういった意味では、従業員を雇って規模を拡大することも求められているのかもしれません。

しかし、少なくとも私は雇用という形はとらないでしょう。

人手が必要な業務を受注したときは、人を雇ってマンパワーを確保するのではなく、
必要に応じて他の独立した士業などと連携をとって事業を進めるといったように、
付かず離れずのゆるいつながりで進めていきたいと思います。

本来士業とは、その人個人が身に着けた専門知識に対して、国が「国家資格」というお墨付きを与え、
税務や監査などの独占業務を行うことを承認された人たちです。

誰かを雇って自らはマネジメントに徹するよりも、常に前線で走り続け、必要に応じて他の人たちの力も借りる、という姿勢で進むことも、士業の一つの形としてありなのではないかと思います。


【編集後記】
1/27(日)もオフでした。
金曜日にブログセミナーを受けてから一念発起し、久しぶりにブログを更新しました。
サーバー移行を行い、ホームページのメンテナンスを進めていますが、まだまだ改良していきたいと思います!