マンガ「かくかくしかじか」は名作なので激しくおすすめする

「かくかくしかじか」というマンガがかなりおすすめです。

作者は「東京タラレバ娘」、「海月姫」などで有名な東村アキコ先生で、自身の漫画家になるまでの半生を描いた作品です。

本作を読んで、何かを成し遂げるためにはとにかく動き続けることしかないということに気づいた気がします。

かくかくしかじか

かくかくしかじかのストーリー

「かくかくしかじか」は、作者の高校生から漫画家になった現在までの半生を描いた自伝マンガです。

主人公の明子は、自分は絵がうまいと思い込み、東京で少女漫画家になることを夢見て美大の受験を目指しますが、受験対策のために通い始めた絵画教室の先生からスパルタ指導を受けます。

竹刀で殴る、アイアンクロー、容赦ない罵倒、・・・老若男女関係なく厳しい指導をする先生とのやり取りを中心に、高校生から大学生、社会人、そして漫画家になるまでをコミカルに、たまに切なく描いています。

この作品の面白い(というより凄い)ところは、主人公=作者の行動や心象の描写が極めてリアルである点です。

自伝とはいえマンガなので、もっと美談にしてもいいと思うのですが、本作は美談では終わりません。

漫画家として忙しくなり、先生とだんだん疎遠になっていき、一緒に個展を開くことや絵画教室を手伝うこともしなくなります。

あのころの私は本当にバカで うぬぼれ屋で 生意気で 自分勝手で わがままで 欲深くて 薄情で ずるくて 嘘つきで だから先生のことが大好きだったんだよ

自分と違うから 何もかも違うから 私は先生みたいになれないから

最終巻の最後に、自分のことをこう評します。

仲が良いからこそ、勝手知ったる間柄だからこそ、感謝の気持ちとか尊敬している気持ちを伝えられないことはありますが、そういったリアルな側面をマンガだからといった美談にせず、人間臭いもどかしい部分が残る主人公に共感してしまいます。

そういった人間臭い部分に感情移入してしまうので、最終巻のクライマックスでは主人公の気持ちに入り込んで泣きそうになります。

本作の面白さは、マンガとしての面白さはもちろん、マンガらしくないリアルな部分まで描かれているところだと思います。

「ただ描けばいいんや 目の前にあるものを」

本作の中で先生は、ことあるごとに「描け!」と教え子たちに発破をかけます。

何を描けばいいのかわからなくなった主人公に対し、先生は見出しに書いた言葉をかけます。

描きたいものなんてなくていいんや ただ描けばいいんや 目の前にあるものを 描きたいものなんか探しとるからダメになる 描けなくなる お前は余計なこと考えすぎなんじゃ

思えば子どものときから、何も考えないでひたすらやってたことのほうが、今に活きているような気がします。

部活動でバスケットボールをしていましたが、「こんなに練習する必要あるか?」とか「そもそもそんなにバスケしたいか?」とかそんなことは考えず、授業が終われば体育館に行って練習し、土日も練習や試合に行っていました。その時の部活の仲間とは今でも連絡を取り合っています。

大学生のときに会計士の勉強をはじめ、受からないかもしれないという不安はありましたが、勉強してて意味があるのか、みたいなことは考えていませんでした。朝起きたら当たり前のように学校に行って机に向かい、電卓を叩き続けました。おかげでなんとか試験に受かり、今こうして独立して会計事務所を開業できました。

社会人になってからも、繁忙期の忙しすぎて狂いそうなときがあったことで、一緒に仕事をしていた人と仲良くなれたり、大変な時期でも「何とかなるでしょ。ていうか何とかしようぜ!」みたいな感じで肝が据わるようになってきたように思います。

逆に、将来のために何となくやっておいたほうがいいんじゃないかと思って始めたことはすぐ挫折します。

英語の勉強、ゴルフ、プラグラミングなどなど・・・

意識だけは天よりも高いので、いろいろ手を出し、三日坊主に終わります。

「今」ではない「将来」の役に立つと思って始めたことには切迫感がなく、どうしても続けられませんでした。

「かくかくしかじか」で、先生が言っていた言葉にも通じると思います。

何かをやり遂げるには、今やることに集中する

やりたいことや、やる意味を考えずに続けるというのはしんどいことだと思いますが、それでも続けてきた人が、大きな成果を上げているのかもしれません。

動かないと動けなくなる

このブログも同様といえるでしょう。

ブログを更新していると、何をネタに書けばいいのかわからなくなるときがあります。

こんなこと書いて意味あるのか、とか、内容が薄すぎるんじゃないかとか考えすぎると結局何も書けなくなってしまいますが、書かなくなると更に書けなくなります。

そんなにたくさんの人に見られているブログではないので、気楽に、まずは今考えていることやこれまでに得てきた経験などを嘘偽りなく書いていきたいと思います。

「かくかくしかじか」でもテーマとなっている、とにかく書き続けること、動き続けることを実践していきたいと思います。

全部で5巻とそんなに大長編というわけではなく読みやすいので、激しくおすすめです。ぜひ読んでいただきたい。


【編集後記】

3/4(月)はお客様の会社で決算支援作業。

3/3(日)に自分の確定申告を無事終わらせました。決算書は2月に完成していたので、あとはe-taxに入力するだけと思っていたのですが、カードリーダーがマイナンバーカードを読み取ってくれず、あれこれ格闘して何とか作動したものの気づけば深夜に。。。確定申告は毎回一筋縄ではいかないですね。