マイナンバーカードでネット投票 自宅で投票できる時代も近いか

少し前の話になりますが、茨城県のつくば市で、国内初のブロックチェーンを使ったネット投票の実証実験が行われたので、実際につくば市に行き、ネット投票を試してみました。

投票にはマイナンバーカードを使い、カードをかざしてパソコン上の画面だけで投票ができます。

公職選挙をはじめとして、日本の選挙や投票の方法はすべて紙と鉛筆で投票しますが、ネット投票という方法は今後普及していく必要があると思います。

若者が選挙に行かないという問題の解決にもつながると思います。

つくば市で行われたネット投票

ネット投票の実証実験が行われたのは、2018年の8月です。

投票の対象となるのは公職選挙ではなく、つくば市が支援をするITを活用した事業の最終審査です。

大学やベンチャー企業が、AIやIoTの技術を使って新しい事業を提案し、審査で選ばれた事業にはつくば市から支援が受けられるのですが、その審査の一環として、ネット投票が行われました。

それぞれの事業の内容は、尿を使ったがん発見の技術や、空き家の所有者と空き家を使いたい人とのマッチングをするプラットフォームづくりなど、事業自体も興味深いものが多かったです。

つくば市では、IoT・AI・ビッグデータ解析などの革新的な技術を活かした、市内でのトライアル(実証実験)の支援を行っております。
本年度は、本トライアルにエントリーした企画提案の最終審査に、マイナンバーカードを活用したネット投票を導入しました。また、新たなサービスを実現する有望な技術の一つとして注目されているブロックチェーン技術を活用し、投票内容の改ざん防止や秘匿性を確保し、適正かつ効率的な投票の検証を行いました。

(つくば市ホームページより)

今回のネット投票が今までと違うのは、投票にマイナンバーカードを使ったことブロックチェーンの技術を活用したことの2点にあります。

マイナンバーカードは、せっかく作っても確定申告でe-Taxを使うときか、コンビニで住民票を取るときぐらいしか使うことはほとんどありませんので、なかなか活用する場面がありませんでしたが、今回のようなネット投票で使うようになれば、マイナンバーカードは更に普及するかもしれません。

また、ネット投票の課題として最も大きいのが、なりすましや重複投票ですが、その対策としてブロックチェーンを実装し、不正な投票が行われない仕組みを技術として導入していることが、今回の実証実験の大きなポイントです。

投票はマイナンバーカードを読み取り機でピッとして、パソコン上でクリックして終了

実際につくば市に行き、各事業のプレゼンを聞いたうえで投票を行ってみました。

投票の手順は非常に簡単で、PCに接続された読み取り機でマイナンバーカードを読み取り、PCの画面で投票した事業をクリックするだけです。

投票自体は5分もかからないぐらいで終了します。

今回は実証実験だったのでつくば市まで実際に足を運んで投票しましたが、さらに進めば自宅でもカードリーダーがあれば投票できそうです。

投票に行く障壁として、実際に投票所まで行くのが面倒、受付票を忘れてしまうということがありますが、ネット投票が実現し、自宅のPCで投票ができるようになれば、選挙でも投票する人が増えるかもしれません。

まだ議員を選ぶ公職選挙で実現するのは少し先になるかもしれませんが、住民投票などであれば近い将来自宅でのネット投票ができるようになるかもしれません。

「スマホで国会議員を決める」は実現するのか

今回のネット投票の実証実験は、市の支援事業を決めるための参考として行われた側面があり、法的な拘束力があるものではありません。

国会議員や市会議員を決めるための公職選挙で使うというためにはハードルが多く、実現までには時間がかかるかもしれません。

しかし少なくとも、技術的にはもうネット投票は十分可能な状況にあります。

よく言われる投票率の低さには投票方法にも大きな原因があるでしょう。

休みの日にわざわざ投票所まで行って投票するというのはけっこう面倒です。

その点、ネット投票であれば自宅でも投票ができるので、投票するというハードルはだいぶ下がるでしょう。

今はまだ実証実験の段階であり、マイナンバーカードも作っていない人がほとんどでしょうが、将来的にはスマホで議員を決めるということもあるのではないでしょうか。

そうなると、議員の顔ぶれは今までとは大きく変わるかもしれません。


【編集後記】

3/15(金)はオフだったので、もろもろの事務作業をしていました。

自分の事務所の経理をfreeeからMFクラウドに移行するための移行作業をしていました。