会計士が独立するとき、会計事務所で修行したほうがいいのか

会計士が独立をする時、いきなり独立するのではなく、会計事務所や税理士法人に転職し、税務実務の経験を積んでから独立するというパターンがあります。

会計士は会計事務所で修行をしたほうがいいのかについて、考えを述べたいと思います。

(初めてのチーズタッカルビ@新大久保)

会計士は税務の専門家ではない

会計士と税理士はともに会計を専門知識とした士業ですが、両者は似て非なるもので、実際に行っている仕事はけっこう違います。

端的に言えば、会計士は監査を行って「保証を行う専門家」で、税理士は確定申告の支援や税務相談を行う「税法の専門家」です。

会計士は税法について、資格試験の受験科目として勉強はするので基礎的な知識は持っていますが、実務で関与することがない限り、細かい実務についてはあまり詳しくありません。

一方で、現行の税理士法では、会計士は税理士試験を受けなくても税理士登録ができるので、税法についてあまり詳しくなくても税理士になることができます。

それを懸念して、真面目な会計士は自分で独立する前にいったん会計事務所や税理士法人に転職し、税務の実務を一通り経験(修行)してから独立する、というプランを考えます。

独立前に修行をするべきか

私の経験から言うと、会計事務所で修行を積むという経験もありだと思います。

私も会計事務所で働いていた経験がありますが、会計ソフトの使い方や申告書の見方など、資格試験の税務科目では学ばないことは多くあります。

申告書の提出期限がいつなのか、納付期限はいつなのかといった税務に関するスケジュールを意識するようになるのも、税務の実務を経験してこそのことだと思います。

それを経験せずにいきなり自ら開業することは、リスクも高いといえるでしょう。

とはいえ、独立前に「修行」を挟むとなると、その分独立する時期が後ろ倒しになってしまいます。

また、当初は修行のつもりで会計事務所に就職したとしても、スキルが身についたらすぐに辞めるというわけにはいかないでしょう。

時間は有限であり、その貴重な時間を準備に充てるのか、それともいきなり独立して実践しながら経験値を積んでいくのかは、それぞれの考え方次第でしょう。

どんなに修行しても、実際に独立する方が経験値ははるかに多い

「修行」としての準備期間を設けることには、税務実務のスキルが事前に身につくというメリットがある反面、時間をそれだけ多く費やしてしまうというデメリットもあります。

結局のところ、どうするかは自分で決めるしかないのですが、一つ確実に言えるのは、どんなに修行して実務経験を積んでも、実際に独立してからの方が学ぶことは多いということです。

専門知識があることを前提に、自分が何が得意でどういったことでお客様や世の中の役に立つことができるのか、そのために必要な料金はいくらなのか、またサービス向上のためにどのような知識を身に着けていくのか(英語なのかプログラミングなのか)、といったことを考え、実際に行動して試行錯誤を繰り返すということは、ただ会計事務所や税理士法人に転職しただけでは経験しないでしょう。

わざわざ時間を浪費して修行を積むよりも、会計士特有の分析スキルなどを活かして早めに独立するのもいいのではないでしょうか。


【編集後記】

1/29(火)、1/30(水)も引き続き、クライアントの決算業務でした。

12月決算の業務が3月上旬ごろまであり、その後は3月決算の監査業務が5月末まで続きます。

プロ野球は2月1日からキャンプが始まるそうですが、会計士業界はもうシーズン真っ只中です。